ミセス・ロビンソン
 サイモン&ガーファンクルの歌で、サウンド・オブ・サイレンスとともに映画「卒業」の挿入歌として使われました。
 映画の中でのミセス・ロビンソンは、主人公を誘惑する奥様の名前です。主人公がミセス・ロビンソンの娘と恋仲になるが、ミセス・ロビンソンが二人の関係を引き裂こうと画策したため、娘は別の男性と結婚することに。
 そして結婚式の最中に主人公が現れ、娘を連れて逃げ出します。その場面が強く印象に残っています。
MIDIコーナーへ戻る